忍者ブログ
似非工場長の日記
カレンダー
08 2018/09 10
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
(09/21)
(09/21)
(09/21)
(09/19)
(09/19)
最新トラックバック
(12/17)
(12/17)
(12/17)
(12/17)
(12/14)
プロフィール
HN:
大塚
年齢:
29
HP:
性別:
男性
誕生日:
1989/04/11
職業:
学生
趣味:
ネット、お絵かき
自己紹介:
実際の大塚は眼鏡をかけています
このプロフィールの画像は勝手に持っていかないでね
バーコード
ブログ内検索
[614]  [613]  [612]  [611]  [610]  [609]  [608]  [607]  [606]  [605]  [604
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アイアンメイデンと西洋剣と東洋剣と鎧の違いなどを聞きました

以下グロ含むので注意です
↓↓↓

どこの高校生がこんな話するんだよ、どこぞの天才末期患者高校生じゃあるまいし(オイ

西洋剣は全てがたたっきるタイプのものらしいです
切れ味がいいと言われているクレイモアなども全部たたっ切るタイプだそうです
日本刀のようにスパッと切れることはないらしいです
ただ日本刀は扱いが下手、もしくは振りにくい体制の場合の攻撃は西洋剣より攻撃力が劣る場合があるのでなかなか扱いにくい代物です(力任せに振ってはいけない

それと鎧とかの事も聞いてみたんですが面白いですね
西洋の鎧はとにかく攻撃を防ぐためにある感じですね
ただ単に当てるだけですさまじい力を発揮する西洋剣を防ぐために重かったりするんだそうです
装備とか全部すると総重量が50kg越したりするのだから恐ろしい・・・

一方日本の鎧は木と皮とワラだったりするので非常に軽量(鉄などの鎧は大将しかきてなかった
これはおそらく刀をいかに振りやすくかつそこそこの防御力を出せるかでこうなったぽいですね
そうでないと刀本来の力が発揮できないので仕方ないかもしれませんが
ちなみにかなり簡単に貫通できます槍一突きで簡単に貫通できます

西洋は技術より防御力
東洋(というか日本)は防御力より技術

あと皆さん(もちろん気づいている人もいるが)西洋剣はそう重くないですよというか10kgを超える武器はそうないそうです(体感重量は20kgぐらいいきそうなものはあるが

永遠の処女アイアンメイデンっていう拷問器具は有名ですが
具体的にどうなっているのかきいてみました

でどうやらあれは下の部分が開くようです
で、下の部分を開いたとしても全然落ちてこないらしいです
人体って強靭ですね~
でトビラの開閉は後ろに紐があってそれを引っ張れば閉じるそうです
あと各部位によって針の大きさが違うそうです
「死なないように計算された長さだそうです」
ちなみに人間はその中に3時間置いておくと死ぬそうです死因はショック死だそうです
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]