忍者ブログ
似非工場長の日記
カレンダー
06 2018/07 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(09/21)
(09/21)
(09/21)
(09/19)
(09/19)
最新トラックバック
(12/17)
(12/17)
(12/17)
(12/17)
(12/14)
プロフィール
HN:
大塚
年齢:
29
HP:
性別:
男性
誕生日:
1989/04/11
職業:
学生
趣味:
ネット、お絵かき
自己紹介:
実際の大塚は眼鏡をかけています
このプロフィールの画像は勝手に持っていかないでね
バーコード
ブログ内検索
[357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりに講座でも更新しましょうか・・・・・
今回は色を塗る作業でもやってみたいと思います

ちなみに趣味により補習授業風でございますOTL<面白くないけど

はいはい今回は色の塗り方の前編ということで途中まで色の塗り方を教えたいと思います。で、俺が先生役をやるマカイって奴ね

余が生徒役のシャナンじゃ・・・それにしてもマカイ何故余は前編と後編に分ける必要があるのじゃ?

グダグダした話で長くなるかもしれないから

・・・・・

まあそんなことは置いといて、今回どの絵に色を塗るかを発表します



やたら趣味の偏りそうな絵じゃな・・・・気持ち悪いぞ

ちょうどその時描いていた絵がこれだからこれにしたそうだ

・・・・・それにしてもやたら線が汚いな・・・

ラフ画の状態のやつだからね、ちなみにペンを入れて鉛筆の跡を消すとこうなった



えらくすっきりするな、線自体も濃くなっておるな

こっちの方が色を塗るときに色と色の境界がはっきりするし、塗りやすいからやって損のない作業だ

じゃあもしペンを入れなかったらどうなるのじゃ?

色の境界線がわかりにくいしパッと見てぼやけた感じになる(2番の目)



ふむ、ペン入れしているのよりイマイチはっきりせんの~

まあ、ペン入れまでやったと仮定して、続いて色塗りまでやるぞ

最初は何から取り掛かればいいのじゃ?

どれでもご自由に

・・・・・おぬしが決めねば読者が困るじゃろ

いや正直、俺も知らん

・・・・・・よく、それでこれを作ろうと思ったな

暇になると恐いぞ~、いつ血迷うかわからんからな

じゃあまあとりあえず今回は肌でも塗ってこんな感じにしようか



・・・・・もう全て塗られておるな

気にするな、いちいちスキャンするのがめんどくさかったんだ、まあ、気を取り直して先に線をなぞるように線の縁(ふち)を濃い色(黒>紫>青>緑>赤)で塗っていこうか

なんで縁を塗るのじゃ?

え~とだな、縁を塗るだけで陰とかを表現しやすくなる。

塗るときのコツは線の内側の縁に沿って塗るだと思う・・・・

しかし、縁を塗っていくと多少はみ出るぞ

それは技術的な問題なので何もいえないな~、とにかく練習してくれ

ふむ、とりあえず縁を描いたぞ、このあとは中身を塗っていけばいいのだな

いや、それは今回はしない

なぜじゃ?

色鉛筆で限りなく光沢を表現するには中身はあまり塗らないほうがいい

そうなのか?

多分な・・・・・

・・・・・多分か

まあそいうことだからとりあえず薄く陰だけを縫っていくことにしてくれ

マカイ、初心者にいきなり陰を塗れとかはちょっと出来ぬぞ・・・・・

最初は不細工でもいいから塗っていかないとあとあときついぞ

そうなのか?

しらん

・・・・・

で、シャナン、どんな感じになった?

ふむ、こんな感じじゃ



OK、じゃあ今日はここまでだ

もう終わりか?

無駄話とかで長くなったからな

ふむ、では

次回は重ね塗り編
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]