忍者ブログ
似非工場長の日記
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
(09/21)
(09/21)
(09/21)
(09/19)
(09/19)
最新トラックバック
(12/17)
(12/17)
(12/17)
(12/17)
(12/14)
プロフィール
HN:
大塚
年齢:
28
HP:
性別:
男性
誕生日:
1989/04/11
職業:
学生
趣味:
ネット、お絵かき
自己紹介:
実際の大塚は眼鏡をかけています
このプロフィールの画像は勝手に持っていかないでね
バーコード
ブログ内検索
[144]  [143]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は特に言いたいことないのでアイコンチャットのネタにでも使えそうなものをあさってきました。

捕鯨反対意見

<食料飽和の時代を迎えた日本人に果たして本当に鯨肉は必要なのでしょうか?

日本の食糧自給率は40%で食糧輸入を抑えるためには必要かと思われます。確かにまだ価格の高騰などの問題はありますが、捕鯨がよりメジャーになればある程度需要が高くなって価格は安くなると思いますが、、、

<日本の調査捕鯨の実態
<日本鯨類研究所の実施する調査捕鯨には経費に毎年約10億円の税金が使われています
<捕らえられた鯨の7割が苦しみながら死にました。殺さずに調査する方法があるはずです

さっさと捕鯨を認めて民間にさせればいいかと、、、、
豚や牛、鶏も苦しみながら死んでスーパーに並びますが何か?

>商業捕鯨を行えば一度にたくさんの鯨が犠牲になります。商業捕鯨のせいで激減したシロナガスクジラなどの大型の鯨は、88年に捕鯨中止が採択されてから17年、いまだに数は復元していません

日本が捕鯨するのは増えすぎて、通常の漁業に支障をきたすまでに増えたものなので大丈夫です。
シロナガスクジラを捕鯨するところがあるのであれば法律でも作ればいいのでは?

>鯨がたくさんいるからといって魚が不足するということはありえません

確かに証拠はありませんが、可能性はないとは言えません(下は簡単な計算
小型の魚の数=10、その小型の魚の繁殖出来る数=5、鯨の消費率=4、その他の魚が食べる消費率=1、人間の消費率=2
10+5-4-1-2=8(適量が10)
このように減ってる可能性がある(計算がわかりにくくてごめん)

>日本の鯨肉市場は無法地帯の状態です。日本で出回っている鯨肉にはマッコウクジラやイワシクジラなど捕獲が禁じられているものが混じっていたり、高級鯨肉として売られているのが馬肉だったりすることもあるのです

本格的に捕鯨が開始されればマスゴミが反応するので管理体制が厳しくなると思います。政府も法律とか作ると思います、、、、、が、今の政府に出来るか確かに不安。

>商業捕鯨で繁殖力の弱い動物を大量に捕獲すれば、当然海洋生態系に大きな影響を及ぼします

迷惑なほどいる鯨を捕鯨すればいいかと、、、、、ただ今の政府に(ry

>IWCは鯨を殺してまで得た科学的データに必要性はないと言っています。また、日本の調査に対し調査捕鯨を中止するよう勧告を出しています。

だから、商業捕鯨承諾バンバン!!!

>誰だって苦しみながら死ぬのは嫌でしょう。鯨を捕殺する際、中には銛で突かれてもなかなか死ねず1時間ほど苦しみ続けるものがいます

じゃあ、牛と豚と鶏は苦しみながら死んでもいいんですね


比較的こいうのに詳しそうな常連さん農業連邦様、斎覚様ならもうちょっと具体的な否定が出来ると思いますが、大塚でも一様反論ぐらい出来ます
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
簡単にコメント
「苦しい」とかいう説得方法はいけませんね。
相手の感情に問い掛けてますから。
>捕鯨がよりメジャーになればある程度需要が高くなって価格は安くなると思いますが、、、
どうでしょうね?生活になじむまでの方法がちょっと
でも一度、鯨が食生活になじんでいた世代もいますしね。
マスコミの宣伝も利用できますね、高タンパクで
ヘルシーですし。
そして様々な鯨食品を開発していく必要がありますね

ただ鯨も魚と同じように取り過ぎないことは重要です
乱獲すると繁殖できなくなりますし。

ほかにもありますが今日はこのくらいで


斎覚 2006/08/13(Sun)21:47:36 編集
無題
おおおお、コメント有難うございます!!!!
む~、なるほど~、やはり大塚の反論じゃダメか、、、、、、(でしゃばちゃった~

後日チャットにて話し合いしょうぜ~
大塚 2006/08/13(Sun)22:58:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]